○千葉県後期高齢者医療広域連合特別職の職員等の報酬及び費用弁償等に関する条例

平成19年2月1日

条例第8号

(趣旨)

第1条 この条例は、地方自治法(昭和22年法律第67号。以下「法」という。)第292条の規定により準用する同法第203条の2第5項の規定に基づき、非常勤特別職の職員に対する報酬及び費用弁償並びにその支給方法について、他の条例に特別の定めがあるものを除くほか、必要な事項を定めるものとする。

(令元条例2・一部改正)

(支給対象)

第2条 この条例の規定により報酬及び費用弁償を受ける者は、次に掲げる者とする。

(1) 広域連合長及び副広域連合長

(2) 選挙管理委員会の委員及び監査委員

(3) 審査会、審議会、調査会等法第138条の4第3項の規定により設置された附属機関の委員その他の構成員(以下「附属機関の委員等」という。)

(4) 前3号に掲げる者以外の非常勤の職員(地方公務員法(昭和25年法律第261号)第28条の5第1項に規定する短時間勤務の職を占める職員を除く。以下「非常勤職員」という。)

2 別表第1に掲げる者には、実費弁償を支給する。

(報酬の額)

第3条 報酬の額は、別表第2に定めるところによる。

(報酬の支給方法)

第4条 広域連合長及び副広域連合長が月の中途において就任したときはその月から、退任するに至ったときはその月まで報酬を支給する。

2 前項の規定によりその月分の報酬全額の支給を受けた者が再びその職に就任したときは、その月の翌月から当該職としての報酬を支給する。

3 第1項に定める者以外の者に対する報酬は、その職務を行った日について支給する。

(費用弁償等の種類)

第5条 公務のため旅行したときに支給する費用弁償の種類は、鉄道賃、船賃、航空賃、車賃、宿泊料、食卓料及び旅行雑費とする。

2 前項の規定により支給する費用弁償の額は、別表第2に定める額とする。

3 第2条第2項に規定する者に支給する実費弁償の額は、千葉県後期高齢者医療広域連合職員等の旅費に関する条例(平成19年千葉県後期高齢者医療広域連合条例第10号。以下「旅費条例」という。)の規定に基づく一般職の職員に支給すべき額に相当する額とする。

(外国旅行の費用弁償)

第6条 公務のため外国旅行をするときは、費用弁償を支給するものとし、その種類は、一般職の職員の外国旅行の旅費の種類の例によるものとする。

2 前項の規定により支給する費用弁償の額は、一般職の職員の外国旅行の旅費との権衡を考慮して旅行命令権者が広域連合長の承認を得て定める額とする。

(費用弁償等の支給方法)

第7条 費用弁償及び実費弁償の支給方法は、一般職の職員の旅費の支給方法の例によるものとする。

附 則

この条例は、公布の日から施行する。

附 則(令和元年11月20日条例第2号)

この条例は、令和2年4月1日から施行する。

別表第1(第2条関係)

(1) 法第100条第1項の規定により出頭した選挙人その他の関係人、法第109条第5項、第109条の2第4項及び第110条第4項の規定により出頭した参考人、法第199条第8項の規定により出頭した関係人並びに法第109条第4項、第109条の2第4項及び第110条第4項の規定による公聴会に参加した者

(2) 公職選挙法(昭和25年法律第100号)第212条第1項の規定により出頭した選挙人その他の関係人

別表第2(第3条、第5条関係)

区分

報酬額

費用弁償

宿泊料(1泊につき)

食卓料(1夜につき)

鉄道賃、船賃、航空賃、車賃及び旅行雑費

広域連合長

月額 5,000円

16,500円

3,300円

旅費条例の規定の例により算出して得た額

副広域連合長

月額 4,000円

14,800円

3,000円

選挙管理委員会

委員長

日額 7,000円

13,100円

2,600円

委員

監査委員

議会の議員のうちから選任された委員

日額 7,000円

その他の委員

附属機関の委員等

日額 10,000円

非常勤職員

予算の範囲内で任命権者が定める額

千葉県後期高齢者医療広域連合特別職の職員等の報酬及び費用弁償等に関する条例

平成19年2月1日 条例第8号

(令和2年4月1日施行)