ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
HOME > かんたんガイド > こんなときは届け出が必要です

こんなときは届け出が必要です

最終更新日:2016年4月1日更新

こんなときは、お住まいの市(区)町村の窓口への届け出(申請)をお願いします。

こんなときは届出が必要です
こんなときは必要なものと手続きいつ
他の市町村へ転出するとき被保険者証
住民異動(転出)の届出
転出することが決まったとき
他の市町村から転入したとき住民異動(転入)の届出14日以内
県外に転出するとき被保険者証、印鑑
住民異動(転出)の届出
転出することが決まったとき
県外から転入したとき被保険者証、印鑑、
負担区分等証明書(前住所地で発行)
14日以内
一定の障害のある状態となったとき国民年金証書、広域連合による一定の障害の認定を受けようとするとき
(65歳から74歳の方)身体障害者手帳等
広域連合による障害認定を撤回するとき被保険者証、印鑑広域連合による障害認定を撤回するとき
被保険者が死亡したとき被保険者証の返還死亡届提出後
被保険者が死亡したとき

葬祭費の申請
(申請書、印鑑※、葬儀の領収書、口座情報)
※申請者本人が申請者氏名を自署する場合は省略可

葬儀を行ったとき
生活保護を受けるようになったとき被保険者証、
生活保護(受給)証明書
すみやかに
生活保護を受けなくなったとき生活保護(廃止)証明書すみやかに
被保険者証の紛失等で再交付を受けるとき身分を証明するもの(運転免許証、パスポート等)、印鑑
※汚損・破損した場合は、その被保険者証
すみやかに
※再交付後に被保険者証が見つかったときは、すぐに古い方の被保険者証をお返しください。

手続きの内容によって上記以外のものが必要となる場合がありますので、市町村担当窓口に確認してください。