ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
HOME > 後期高齢者医療制度 > 高血圧にご用心

高血圧にご用心

最終更新日:2014年9月12日更新

高血圧にご用心

 高齢者の方が世間話で健康状態について話しているのを耳にすることがあります。特に、「今日は血圧が高かった、正常だった」など、血圧を健康の基本指標にしています。高血圧はよくないことだと誰もが知っていますが、なぜいけないのかご存じですか。
 高血圧は生活習慣病の代表格で、日本人の三大死因のうち、脳卒中と心臓病などを引き起こす主な原因です。また、血圧の高い状態が続いても自覚症状がなく、じわじわと体をむしばんで生命に関わる病気を招くため、「沈黙の殺人者(サイレントキラー)」とも呼ばれています。
 現在、日本の高血圧症患者は4,000万人と推定され、今後も増加傾向にあります。
 そもそも血圧とは何か、どうして血圧があがるのか、高血圧を改善するにはどうしたら良いかなど、しっかりとした知識を身につけてみましょう。
 詳しい内容は、下記リンクをご覧ください。

関連リンク


ちば広域連合だより

ちば広域連合だより

広域連合では、後期高齢者医療制度の内容や行政情報の理解を深めていただくために、広報紙「ちば広域連合だより」を年2回発行しています。