ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
HOME > 後期高齢者医療制度 > 昨日の夕飯、なに食べた?

昨日の夕飯、なに食べた?

最終更新日:2014年9月16日更新

昨日の夕飯、なに食べた?

 「昨日の夕飯、なに食べた?」この質問にすぐに答えられますか?
 すぐに答えられなくてもじっくり考えて思い出すことができれば、それは単なる物忘れです。年を重ねると誰でも記憶力が低下して物忘れしやすくなります。しかし、夕飯を食べたこと自体を忘れたり、体験や出来事を丸ごと忘れてしまっていると認知症の疑いがあります。

正常の物忘れと認知症の物忘れの違い
正常の物忘れ認知症の物忘れ
物忘れを自覚している物忘れを自覚していない
症状はほとんど進行しない生活体験の全体を忘れる
日常生活に支障がない日常生活に支障をきたし、介護が必要になることもある
物忘れに自分で対処できる物忘れに自分で対処できない

 認知症は、脳血管疾患やアルツハイマー病などによって脳細胞が死滅することにより、記憶機能と認知機能が低下し、社会生活と日常生活が困難になります。認知症が進行すると、寝たきりや人格崩壊につながることもあります。
 認知症を完治させる薬は今のところありませんが、生活の改善や脳を活性化することで予防はできますので、つぎの点を心がけましょう。

  • 有酸素運動をしましょう
  • 頭を使う生活をしましょう
  • 野菜・果物・魚を多く食べましょう

 困ったことや心配なことがあるときは、かかりつけ医・専門医・お住まいの市町村にある地域包括支援センターに相談してください。
 認知症の詳しい内容や予防方法は、下記リンクをご覧ください。

関連リンク


ちば広域連合だより

ちば広域連合だより

広域連合では、後期高齢者医療制度の内容や行政情報の理解を深めていただくために、広報紙「ちば広域連合だより」を年2回発行しています。