ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
HOME > 後期高齢者医療制度 > 糖尿病を予防しましょう

糖尿病を予防しましょう

最終更新日:2021年5月21日更新

糖尿病を予防しましょう

 毎年11月14日は世界糖尿病デーとして、全国150カ所以上の建造物が青くライトアップされます。これは、糖尿病の治療と予防を広く呼びかける世界糖尿病デーのキャンペーンの一環です。
 糖尿病は血糖値が高くなる病気で、治療せずに放置すると、失明、腎不全、心臓発作、脳卒中、心筋梗塞、下肢切断など、命にかかわる病気や障害の原因となります。
 日本では、糖尿病が強く疑われる人と可能性を否定できない予備軍の人の合計が2012年時点で2050万人と推計されています。

 糖尿病の病気の説明や予防法、治療法についての詳しい内容は、下記リンクをご覧ください。

関連リンク


ちば広域連合だより

ちば広域連合だより

広域連合では、後期高齢者医療制度の内容や行政情報の理解を深めていただくために、広報紙「ちば広域連合だより」を年2回発行しています。